女性ホルモン

イソフラボンが注目を集めている理由

島国独自の発展をしてきた私たちの誇る日本という国ですが、他の諸外国に比べて大きく進んでいる部分が数多く存在しています。
そのひとつであり、諸外国がとくに注目している部分でもあるのが日本の食文化です。
昔から、菜食中心である日本の和食の中には、健康を維持するためのエッセンスがふんだんに取り入れられています。

私たちは普段あまり意識せず、日常的ないわゆる家庭料理に触れていますが実はこの何気ない家庭料理の中に健康に良い影響を与えている秘密が隠されているということは意外にしられていない事実です。
その秘密というものは、豆腐や味噌といった大豆食品にあります。
こういった数多くの大豆食品の原料となる大豆は別名「畑の肉」といわれているくらい栄養素が高く、毎日食べることで健康的な体質をつくることができることでも知られています。

大豆の中には様々な成分が含まれていますが、とくにその一部分に含まれているイソフラボンという成分は女性ホルモンと同じような働きをしてくれ、更年期障害や骨粗鬆症の改善、また善玉コレステロールの増加を促し高血圧を予防してくれる効果など、性別を問わず、継続して摂取することで長寿体質に自分の体の組織を形成することができるのです。

このページの先頭へ