女性ホルモン

イソフラボンをたくさん含んだ料理を作ろう

私たち現代人の食生活は乱れがちだと様々な方面から指摘されがちですが日ごろから意識をしていないとなかなか一度固まってしまった習慣というものは変えられないものです。
今やすっかり欧米化した食生活の影響で、肉食中心の野菜不足の傾向が顕著になってきましたがそれにともないたくさんの体のトラブルが起きやすくなってきたことはこのタイミングで、やはり見直さなくてはならない重大な問題だと考える専門家もいるようです。
さて、そんな危険要素を含む食生活を少しでも健康的なものにするためにここ近年で推奨されていることが大豆食品を使った献立をなるべく多く普段から取り入れるということです。

もともと日本人が食べていた菜食中心の和食文化では大豆が豊富に使われていたため、いわゆる現代病といわれている生活習慣病も今より少なかったというデータもありますがそれは現在における食生活の欧米化が引き金となり、その弊害が日に日に蓄積した結果が様々な大病の原因となっていることは、どんな人にも起こることとして真剣に考えなくてはならないことなのかもしれません。
ですので、今からでもできることとして、少しづつでも構いませんから豆腐や味噌をつかった料理を多く食べることを心がけていきましょう。

このページの先頭へ