女性ホルモン

妊娠中の摂取、ここに注意!

エストロゲンという女性ホルモンによく類似した作用をもたらしてくれるということで生理にともなう不調や更年期障害など、多くの女性にとって辛い身体的トラブルの改善に効果を発揮してくれる心強い味方のイソフラボンですが、実は摂りすぎは良くないっていうことを知っていましたか?
一時期、イソフラボンのもつ有効成分が大きく注目されて爆発的に普段からイソフラボンを摂取するようになった人が増えたことがあるのですが、その際にイソフラボンの過剰摂取に対して警鐘が鳴らされました。
体に優しいはずのイソフラボンがなぜ摂りすぎてはいけないのかという理由に関しては、摂取量を誤ってしまうとそのメリットがデメリットに変わることが調査で明らかになったのです。

もともとイソフラボンは更年期障害や生理にまつわる身体的なトラブルに効果があるといわれていた部分が、エストロゲンという女性ホルモンと同じような働きをもっていたことに由来する大きな理由でしたが、この最大の特徴が過剰摂取によりホルモンバランスを崩してしまうほど影響があることがわかったのです。
また、イソフラボンには人間の遺伝子にとってなくてはならないトポイソメラーゼIIというものの働きを邪魔してしまうこともわかり、妊娠中の女性や胎児にとっては過剰摂取が良くないとされています。
こちらhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.ws/5.htmlにも妊娠中の方にイソフラボンをおすすめできない理由が載っていますので、参考にしてみてください。

このページの先頭へ