女性ホルモン

日本食が海外に注目されている理由

今の世の中、日本にいながらにして世界中の文化に触れることができる時代になりましたがとりわけ若い人を中心とした生活スタイルが欧米化してきたことが顕著になってきたことが、外面だけの変化ではなく身体的な部分にも多くの影響を及ぼすようになったといわれています。
その代表的なものが食生活の欧米化にともなう、様々な病気の増加です。
昔ながらの菜食中心の日本の和食が肉食を中心とした欧米食に変化したことで、多くの日本人の体質が大きく変わったと指摘されています。

体格や体重などは全体的に豊かなフォルムになりましたが、いざ体の中に目を向けてみるとコレステロールの増加や野菜不足の影響でいくつものビタミンやミネラル不足が際立ちいろいろな弊害が出ていることは、やはり今こそ見直さなければならないもののひとつであると多くの専門家は語っています。
そういった日本の生活スタイルの欧米化が進むなか、海外の人達から日本食が注目されている動きが広まってきている事実があります。
これは現在の日本における食文化の問題点と同じものを抱える欧米諸国が栄養面で本来体に良い影響を与えてきた菜食中心の日本食を高く評価しているということが背景にあります。

とくにガンの発生を抑えたり、コレステロール調整をしてくれるイソフラボンを多く含む大豆を使った料理が、多くの病気や身体的なトラブルを抱える外国から注目されるようになったことは自然なことかもしれません。

このページの先頭へ