女性ホルモン

イソフラボンの吸収に役立つ食材ってある?

健康第一という言葉があるくらい、どんな人であっても体調を崩していたり怪我をしていたりすれば、何をするにも積極的な気持ちになることができずだんだんと精神的にも参ってくることだと思います。
しかし、健康でありたいと願う気持ちとは裏腹に、私たちを取り囲む現代社会はストレスを多く発生させるような構造をしていることがほとんどで、それをいかに回避して、また、いかにそういったストレスを受けた体と心をケアしながら生きていくかが現代人の課題といえるのだと思います。
さて、そんな厳しい環境下におかれている私たちですが、とりわけ、ホルモンバランスを崩しやすい女性にとってはそのバイオリズムの変動でうける弊害を緩和してくれるさまざまな栄養成分が、生活するうえでなくてはならない存在となっています。

そのなかでも女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをしてくれるイソフラボンが多くの支持をあつめています。
このイソフラボンはアグリコン型と呼ばれるものとグリコシド型と呼ばれる2種類のタイプが存在します。
私たちが普段良く口にしている大豆に含まれるイソフラボンはグリコシド型のほうですが、このグリコシド型の特徴として腸の中でしっかりと分解されないと十分に吸収さえれないといわれています。
ですので、グリコシド型のイソフラボンを摂取する場合には腸の働きを活発にする食品を普段から食事に取り入れることが大切になります。

このページの先頭へ