女性ホルモン

骨粗鬆症にも効くイソフラボン

現代社会は様々な医療技術の発展により以前は治療が難しかった病気や症状に有効な手段が増えてきましたが、それに反して年々私たち現代人が抱える身体的な問題は増加してきているような気さえしてしまいます。
その背景には効率化を求めすぎた弊害によるストレスの増加や複雑化してきた人間関係のトラブルなどが原因となり一概に解決できない症状があわられるようになったともいわれています。
そんなある意味過酷な現代社会のなかで、多くの人が抱える問題はいつくも存在していますが、なかでも骨粗鬆症の症状は深刻化してきているようです。

骨粗鬆症は食生活の欧米化が直接的な原因とされているようですが、そのほかにもカルシウム不足になる要因が日本人には特にあるといわれているくらい今や多くの人がこの骨粗鬆症の問題に悩まされているのが現状です。
加齢による様々な細胞の衰えが総合的な骨粗鬆症の原因ではあるようですが、とりわけ男性よりも女性の方が割合として多いとされています。
その理由としては女性の場合、閉経後に女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少しカルシウムが蓄えられにくい体質になるからだという説が有力です。

そこでその症状を緩和してくれるものが女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンです。
更年期障害の改善と合わせて効果が得られますので骨粗鬆症の懸念がある人はぜひイソフラボンを習慣にしてみるとよいと思います。

このページの先頭へ