女性ホルモン

更年期障害はイソフラボンで乗り越えよう

いくら健康管理に気を配っていたとしても、年々衰えてゆく体のトラブルにはなかなか抗うことが難しいといわれていますが、そういった加齢にともなう身体的な変化の中でもとくに多くの女性が抱える「更年期障害」についての問題が年々深刻になってきているという話をよく耳にする機会が増えてきました。
この更年期障害は女性ホルモンのバランスが崩れることで起こる身体的、精神的に悪影響を及ぼすトラブルとして多数の中高年女性を悩ませているものですが、具体的な症状は人それぞれで、単になんとなく体全体がだるく感じるような倦怠感を覚えたり、肌や髪の色艶がなくなってくるなどの外面的な変化であったり、また症状が重い人の場合はうつ病に繋がるようなケースもあるそうで、現在では簡単に老化現象として片付けられない問題として多くの専門家が日夜研究を進めています。
さて、そんな女性の大敵である更年期障害ですが、一番の直接的な原因は女性ホルモンのエストロゲンが少なくなってしまうことで、体調に大きな変化を与えてしまうことだといわれています。

そのエストロゲンと同じような成分でできているのがイソフラボンです。
このイソフラボンはエストロゲンの補填と言う意味に加え、エストロゲンのバランスを崩し増えすぎた場合にもその調整をしてくれるということで、エストロゲンが増加することで懸念される乳がんや子宮がんの予防にも効果的といわれています。

このページの先頭へ