女性ホルモン

子供がイソフラボンを摂るときの摂取量は?

多くの女性の悩みでもあるホルモンバランスの変化によるさまざまな体調変化のトラブルに非常に高い効果があるということでたくさんの女性から支持されているイソフラボンですが、最近は更年期障害に悩む中高年の女性だけに限らず、年齢や性別を問わずイソフラボンを習慣的に摂取する人たちが急激に増えてきたといわれれています。
若い女性にはイソフラボンの美肌効果が注目されたり、男性にも頭髪の抜け毛や薄毛といった髪の悩みを改善してくれる効果があるということで、積極的に日常生活の中にイソフラボンが定着してきた背景があります。
そんな老若男女に大人気のイソフラボンですが、そのメリットとは裏腹に過剰摂取することでの弊害も、なにかと話題になっていることを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと近い作用を持つことから、ホルモンバランスが崩れた、とくに女性の体調変化を緩和しえくれる効果があるということで摂取することが推奨されてきましたが、取りすぎは良くないということも同時に言われるほど、体に与える変化は大きいとされています。
とりわけ、体の組織が出来上がっていない子供や乳幼児にはなるべく必要以上のイソフラボンを与えないように注意しましょう。
目安としては、大人の一日の限界摂取量とされる70mgの半分くらいにとどめできるだけサプリメントではなく食品経由で摂取することが大切です。

このページの先頭へ