女性ホルモン

海外の食事で、イソフラボンって摂取できる?

今や長寿大国を下支えする優秀な文化と誉れ高い、世界的にも絶大な評価を得ている日本の食生活ですが、昔ながらの菜食中心の「和食」にその健康の秘密がかくされているといわれています。
最近はすっかり食文化も含め、若い層を中心に欧米化が進んできましたが、やはり長い歴史で培われてきた食への知恵と、私たちの血に流れている遺伝子との相性はやはり変えがたいものがあるということを、日本の文化が海の向こう側から注目され高く評価されるたびに感じてしまいます。
さて、そんな世界中の誰もがみとめる健康的な日本の食文化ですが出張や旅行などで日本人が海外に行った場合、同じような栄養やバランスが保てるのか?という疑問がわいてきます。

今や、世界中であらゆる国の製品が手に入れられる便利な時代となりましたがそれでも食品に関しては、やはり独特の制限はあるような気がします。
鮮度や輸送の関係上、どうしてもそこでしか食べることのできない食品というものも存在するといわれているほど、食事に関してはどうしてもその土地のものを食べることが中心になることが多々あります。
世界的に高い評価を得ているイソフラボンの原料でもある大豆製品は海外ではなにかと入手しにくいという状態になりがちです。
ですので、海外に行く機会がある際はサプリメントタイプのイソフラボンを持参して栄養補填をコントロールすると良いと思います。

このページの先頭へ