女性ホルモン

一日の摂取量の目安はある?

多くの女性の悩みである更年期障害や生理に関する様々なトラブルを改善してくれるということで広く支持されているイソフラボンですが、毎日継続的に摂取する場合、目安となる効率的な摂取量はあるのでしょうか?
一見、体に良い成分であれば多くとった方がいいのでは?と思いがちですが実はこのイソフラボン、摂りすぎは摂りすぎで体に悪影響を及ぼす可能性があると指摘されているようです。
イソフラボンの摂りすぎによって引き起こされる可能性があるといわれている症状が子宮の病気や乳ガンといった怖いトラブルです。

もともと更年期障害の改善成分として注目されたイソフラボンですが女性ホルモンのエストロゲンと同等の働きをしてくれることで、症状の緩和が見込めると知られていますが、この女性ホルモンというものは多すぎても少なすぎてもだめで、バランスが重要だといわれています。
しかし、このイソフラボンを過剰に摂ってしまうことで、そのホルモンバランスが乱れ前述のような症状の原因にもなることから、一日あたりの摂取量を定められるようになったことも記憶に新しいところです。
食品安全委員会が提唱した一日あたりの推奨摂取量は70mg前後を上限目安としサプリメントで摂取よりも食品で摂取する割合を多くすることが強く推奨されるようになりました。
閉経後の女性はやや多めにイソフラボンを摂ると良いでしょう。
イソフラボンを取り入れるときの注意点はこちら。

このページの先頭へ