女性ホルモン

どんな食品を食べるのが一番良いの?

中高年の女性の体にまつわるトラブルと聞いて思い浮かんでくるものは「更年期障害」や「骨粗鬆症」といった症状だと思います。
こういった加齢によるトラブルに改善効果があるということで注目されている成分がイソフラボンですが、このイソフラボンはいったいどういった食品にふくまれているのか?という疑問がわいてきますよね。
一般的にイソフラボンを摂取するために推奨されている食品は豊富な栄養素を含んでいる「大豆」といわれています。

日本ではおなじみの大豆を使った食品ですが、概ね大豆をそのまま取り入れるよりは加工食品として日常的に食生活に組み込んでいる人がほとんどではないでしょうか。
すぐに思いつくところで豆腐、味噌、納豆、油揚げ・・・などなど見渡せば毎日食べているという人もたくさんと思いますがそれほど私たち日本人にとっては大豆は身近な食品といえます。
また、この大豆には前述のイソフラボン以外にも豊富なたんぱく質や炭水化物を含み別名「畑の肉」という言い方を聞いたことがある人も多くいると思いますがそれほど栄養価が優れていますので、たとえイソフラボンを摂取することを目的にしなくても毎日食べ続けることの意味は非常に大きいものがあるといわれています。

このページの先頭へ