女性ホルモン

イソフラボンは大豆のどの部分に含まれているの?

女性特有のホルモンバランスの乱れにともなう様々な症状や精神的な浮き沈みの改善に非常に高い効果を発揮するということで、民間の関心だけでなく多くの医療関係者からも高い評価をえているイソフラボンですが、大豆に含まれる成分ということで私たち日本人にとっては親近感がわく成分だと思います。
ところで、イソフラボンが大豆に含まれている成分ということはよく耳にするけれど、具体的に大豆のどういった部分に多く含まれているのかをあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか?
一般的な説ですと大豆に含まれているイソフラボンは大豆の胚軸というところに豊富に含まれているとされています。

胚軸といっても普通の人からすると「どこ?」となってしまうと思いますが似たようなもので説明すると「お米」の拡大図でよくみる光景に少しだけ尖ったところがある思います。
大豆の胚軸もそういったものだと考えてください。
その極一部の部分に凝縮されているイソフラボンですが、実はこの胚軸、独特の味があるため、一般的な食品加工を施す際に取り除かれることが多いそうです。
ですので、しっかりとイソフラボンを摂取したいという人は普段の食事に大豆食品を増やすことと平行してイソフラボンのサプリメントを上手に活用することをオススメします。

このページの先頭へ