女性ホルモン

イソフラボンの効果効能

年齢を問わず、いくつになってもやはり多くの女性の関心は「いかに美しく在るか」という自他共に美容に関する話題に向けられるのではないでしょうか。
年々、健康に関する情報やそれを促進するサプリメントや健康食品が数多くのいろいなメーカーから売り出されていますが、それと同じくらい美容効果を高めるコスメや健康食品が市場にあふれています。

体に良いものは往々にして、美肌を中心とした美容の効果効能があるものが多いのですが、とりわけ大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きを持つといわれているほど、女性の美しさを保つうえでなくてはならない存在として多くの女性から支持され続けています。

イソフラボンが女性ホルモンの補助をしてくれるということは広く知られている事実ですが、このイソフラボンが美容に良いということは意外に知られていないような気がします。
では、どういった理由で美容効果があるといわれているのでしょうか?
その答えは、コラーゲンと女性ホルモンの関係にあったのです。

美肌を保つためには肌の下にコラーゲンが豊富にある必要がありますが、年々女性ホルモンが減少してくると、このコラーゲンも一緒に少なくなってくるため、イソフラボンを摂取し続けることでコラーゲンの維持にも役立ち結果、美肌を保つことができるといわれています。

またイソフラボンは更年期障害の予防、改善にも効果を発揮します。
更年期障害は女性ホルモンの少なくなってきた年配の女性特有の病気ですが、イソフラボンのエストロゲンに似た作用により、これらの病気を防止することが出来るのです。
もちろん男性にも男性ホルモンの抑制により、育毛効果が期待できます。

その他に新陳代謝の活性化によるダイエット効果などさまざまな効果効能があります。
しかしいくら体によいとはいえ、過剰摂取は控えましょう。
一日の上限摂取量を守って摂取することでイソフラボンの効果効能を最大限に活用することが出来ます。

イソフラボンは食事で摂取するだけでなく、サプリメントや化粧品でも使用されています。
コストに関しても他の健康食品やサプリメントに比較して割安ですから、気軽に試せるのではないでしょうか。

このページの先頭へ